中国のロケット 長征3号ロケット事故

ここでは、「中国のロケット 長征3号ロケット事故」 に関する記事を紹介しています。
--/--/--(--)

 ブログランキングに参加してます。気が向いたらポチっとお願いします。
 人気ブログランキング
 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ブログランキングに参加してます。気が向いたらポチっとお願いします。
 人気ブログランキング
 


四川省の地震が話題になってますけど
中国では昔こんな事もあったのですね。
街がなくなってる…

音量注意(開く前に音下げておいてください)











1996(平成8)年2月14日、「インテルサット708」を載せた長征3B号(CZ-3B)は打ち上げ直後に制御不能となり、あらぬ方向へと飛び、西昌発射基地(射場)近くの一般居住地に墜落炎上した。

燃料のヒドラジンで街や人は溶けてしまい墜落現場の街は壊滅、死者数すら不明な状況(公式には民間人死亡者500名以上)という宇宙開発史上最大の惨事となった。

宇宙開発競争初期のソ連でもここまでの事故はなく、中国政府当局は外国人の関係者らを5時間に渡って隔離したうえ、軍による証拠隠滅を図ったが、墜落現場をバス車両内から盗撮した映像が流出したため事実が明るみとなってしまった。この事実は、ディスカバリーチャンネルでも放送され、世界に広く知られている。

中国政府の発表した墜落原因は「突風」とのことである。





スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nezumin85.blog71.fc2.com/tb.php/33-ac918186
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。