1、株ってなんなの?

ここでは、「1、株ってなんなの?」 に関する記事を紹介しています。
--/--/--(--)

 ブログランキングに参加してます。気が向いたらポチっとお願いします。
 人気ブログランキング
 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ブログランキングに参加してます。気が向いたらポチっとお願いします。
 人気ブログランキング
 


僕は投資についてのブログを書いてるわけなんですが、
もしかしたら株や為替、デリバディブ(金融派生商品)自体の事をよくわからない人も
多いと思うんです。
それで今回は株式の事について書いてみます。
今は有限会社は商法の改正によって作れなくなったために(有限会社とは)ほとんどの会社は
株式会社になっています。

株とはいったい何なのか?
株と株式は同じ意味です。
株式(かぶしき)とは、株式会社における社員権、持分のことである。通常の持分が社員の出資額などに応じて不均一な形態をとるのに対して、均一的な細分化された割合的な構成単位をとる点に特徴がある。そのため、株式会社が事業に必要な巨額の資金を調達する際に、資本を細分化し、小額の出資を多数の出資者から募ることが可能になる。また、株式会社におけるそれぞれの株主の出資の割合を知るためには単に所有する株式の数を調査すれば足りることになる。らしいです。
株主とは株式会社に出資することにより株式を有する者(すなわち株式会社の社員)を株主という。
らしいです。

で、なんでわざわざ株を使って、会社を作るの?って事になるんですけど、
別に会社やってる人がお金出せばいいじゃん!となるはずです。
まぁ確かにそうなんですけどそれよりもっと会社を大きくする方法があるんです。
資本主義(日本は資本主義)社会ではできるだけ会社を広げていきたいわけですが、
例えば、今まで人間がやっていた作業を機械にさせる事ができれば、
人件費も浮くし、ずっと生産できる(人間は休憩が必要)わけです。機械は間違いも
少ない場合が多いですし。(機械化や技術革新の事をイノベーションという)
でもそれには多額の費用が必要だとしましょう。
その場合資金を銀行とかから借りてきてもいいのですけど、
借りられない時もありますし、返せない時に借金としてお金を払わなければいけなくなって
しまいます。
そういう時に、事業に納得してもらって、お金を出してくれる人達から少しづつお金を集めよう!
となるわけです。そのお金を出した!という証明が株式なんです。(有価証券)

仮に僕が持ち金50万円で駅にDVDをレンタルする自販機を置く事業を始めるとしましょう。
でもその事業には初期費用が1000万円かかる…。
銀行からは500万借りられたけど450万円足りない…
どうしよう!となった時に例えばアスキーさん(勝手に登場させてごめんなさい)wwに
必死に事業を説明して50万円くらい出してもらうわけです。
でも当然タダでは貸してくれません。だから会社で利益が出たら配当という形で
その一部をあげるからお金出してください!というわけです。

全ての初期費用1000万円を20分割して1株50万円という事にして、
アスキーさんに1株あげて50万円もらうわけです。
この株20株全てを所有すれば会社自体を持つという事になります。
株式というのはいわば会社を分割したものなんです。(会社の財産も含む)

この下手くそな絵を見てくださいwwwこれが株の仕組みの図ですww
絵

Aが会社の従業員(僕)でBが株主(会社の所有者)です。

仮に事業が成功して会社に利益がでれば事業拡大して会社の価値が上がるわけです。
会社の価値が2000万円になれば1株あたりの価値が100万円になるわけです。
ここでこの株を誰か100万円で買ってくれる人がいれば1株もっていた人は
その人に株を売れば50万円の利益が出ます。
これをキャピタルゲインといいます。
配当収入はインカムゲインといいます。

でも逆に事業に失敗したとしましょう。それで会社の価値が500万円になれば
1株あたりの価値が25万円になってしまうわけです。そしたら25万円損ですよね。
その時もし株を売って損失を出せば、それはキャピタルロスといいます。
仮に倒産した場合は会社の価値が0になるわけですが(1株あたりの価値も0円)、
その時借金が会社にあっても株主はその責任を負いません。これを有限責任といいます。
で、途中で会社を解散して資産が残ればそれは株主のものになります。

株主は会社の持ち主なので、当然会社がきちんと経営されているか
見ていないといけません。会社の経営権があるわけです。
株主は購入した株式の数に応じて、株式会社の経営に関与する事ができます
(経営参加権)。具体的には株式会社の意思決定会議である株主総会において、
原則として株式の保有数、またはその保有単元数に応じて議決権を持っています
(株主平等の原則)。

その株式を誰でも売り買いできるようにしたのが株式の取引所です。
日本で代表的なのは東京証券取引所ですね。
取引所に会社を上場させればば誰でもその会社の株を売り買いできます。
それがいつしか先ほど説明した本来の目的である投資行為をはずれて、
売買だけして、利益を得ようとする輩が現れたわけです。
そういう行為を投機といいます。
基本的に投資はプラスサムゲームになるもの、
投機はゼロサムゲームになるものと言われてます。(定義は色々あります。)

これが株の仕組みです。次回はなんで貯金だけじゃダメなの?
を説明したいと思います。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
長文お疲れ様です^^*
とても勉強になりました☆
僕の場合は投機ですね。
いずれは物言う株主にもなってみたいですが、その前にFPと資産を増やさないとなぁ…^^;
2008/05/14(水) 01:23 | URL | アスキー #-[ 編集]
>アスキーさんへ
デイトレは完全に投機ですね。
物言う株主というと村上さんですか?
そうですね~資産がないと話にならないですもんね^^;
2008/05/14(水) 01:52 | URL | ネズミン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nezumin85.blog71.fc2.com/tb.php/22-c906edf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。